補助金の調達は専門家に頼むべき?100時間も節約できる申請方法

補助金は、政府や地方自治体が提供するお金で、事業やプロジェクトを支援するために使われます。補助金を受け取ることで、事業を進めるための資金を得ることができますが、申請には多くの手続きが必要です。この手続きを専門家(中小企業診断士)に頼むと、時間の節約と採択される(補助金がもらえる)確率の向上という大きなメリットがあります。ここでは、補助金がわからない人にもわかりやすい言葉で、ご説明します。

目次

ポイント①時間の節約

補助金の申請には、多くの時間がかかります。例えば、以下のような作業が必要です:

  • 補助金の種類を調査する(約10時間)
  • 申請書類を作成する(約30~80時間)
  • 必要な証拠書類を集める(約10時間)
  • 申請後のフォローアップ(約10時間)

合計すると、補助金申請には少なくとも60~120時間はかかります。これらをすべて自分で行うと、本来の業務に使うべき時間が奪われてしまいます。

一方、専門家に頼むと、これらの手続きをすべて任せることができ、所要時間も1~2時間程度で申請を終えることができますこれにより、あなたは本業に集中でき、重要な業務を滞らせることなく補助金の申請が進められます。

ポイント②採択率の向上

補助金の申請は、ただ書類を提出すれば良いというものではありません。申請書類の内容が不十分だったり、必要な情報が欠けていたりすると、補助金がもらえないこともあります

専門家に頼むことで、申請書類の質が大幅に向上します。専門家はどのような内容が求められているかをよく理解しており、適切な書き方や表現方法を知っています。これにより、採択率が大きく向上します。

実際に、専門家が手掛けた補助金申請の採択率が50%から80%に上ることも珍しくありませんこれにより、補助金がもらえる確率が大幅にアップし、事業を進めるための資金を確実に得ることができます。

ポイント③専門家のネットワークと知識

補助金の申請には、最新の情報や過去の成功事例を知っておくことが重要です。専門家は日々こうした情報を収集しており、周囲の専門家と共有しています。

例えば、どの補助金が今、特に注目されているのか、どのようなポイントが重視されるのかを知ることで、申請内容を最適化できます。また、専門家のネットワークを活用することで、多岐にわたる必要な情報やサポートを迅速に得ることができます。

結論

補助金の申請を専門家に頼むことで、多くの時間を節約できます。自分で申請を行うと約120時間かかる作業も、専門家との打ち合わせで2時間前後で完了します。

また、専門家の豊富な知識と経験を活用することで、申請の採択率が大幅に向上します。一般的な申請者の採択率が30%であるのに対し、専門家に依頼した場合の採択率は80%に達することもあります。

補助金の初期費用を協賛してくれる団体があるってホント?

一般的な補助金申請は、高い初期費用と自己負担が必要であり、これが資金繰りに影響しますが、Biztaxは協賛金も一緒に申し込みを行うことで、持ち出しゼロ円で導入できます。
詳細は協賛金窓口ラインをご確認ください。(協賛金提供:一般社団法人めぐり)

個人向けサービスにお勧め

導入事業例:BtoC
「リフォーム」「整体院」「ホテル」「旅行代理店」 等

WEB広告を出稿し集客を代行します。
ページ制作に必要な写真の撮影も含みます。

支援概要

・広告用WEBページ制作
・パンフレット制作
・宣材写真撮影
・WEB広告運用

特典内容

50万円分のWEB広告費 

参加人数

先着20

補助金

小規模事業者持続化補助金

企業向けサービスにお勧め

導入事業例:BtoB
「不動産」「税理士」「コンサル」「OA機器」 等

WEB広告営業代行を運用し、アポイントを獲得します。

支援概要

・広告用WEBページ制作
・アポイント代行
・WEB広告運用

特典内容

50万円分のWEB広告費 

参加人数

先着20

補助金

小規模事業者持続化補助金

WEBページがある方にお勧め

導入事業例:BtoB/BtoC
「リフォーム」「不動産」「美容室」「飲食店」 等

WEB広告を運用し、公式ラインへ誘導。
ライン登録者に対する配信の自動化
を行います。

支援概要

・広告用記事ページ制作
・LINE配信自動化
・WEB広告運用

特典内容

30万円分のWEB広告費 

参加人数

先着20

補助金

IT導入補助金

目次