SNSが他の媒体と比べて広告に向いている3つの理由

SNS広告は現代のビジネスにとって非常に有効なツールです。その理由を3つのポイントに絞って説明します。

目次

ポイント①広い範囲に届けられる

SNS広告の一番の強みは、インターネットを通じて世界中の人々に情報を届けられることです。
特定の興味を持つ人、特定の地域に住む人、など情報を届けたい相手だけに届けることができるため、広告の無駄を減らし、効率よく集客できます。

ポイント②可処分時間の活用

現代の多くの人々は、仕事や家事の合間にスマートフォンでSNSを見ています。このちょっとした時間を「可処分時間」と呼びます。
SNS広告は、この時間を狙って人々に情報を届けます。通勤中や休憩時間にSNSを見ているときに広告が表示されるため、短い時間でも多くの人にリーチできるのです。
たとえば、旅行のプランを販売するなら、木曜日の夜11時頃に「特別な週末」を提案したい。など可処分時間と出稿時間設定を有効活用することで、効率的に情報を伝えることができます。

ポイント③最も大きな利点は仮説検証

SNS広告の最も大きな利点は、仮説の検証ができることです。
これは、異なるバージョンの広告を同時に出して、どちらがより効果的かを比べる方法です。

例えば、異なる写真やメッセージを使った広告を試して、どちらが多くの反応を得るかを確認します。
これにより、最も効果的な広告を見つけ出すことができます。

このようなテストを通じて、自分の仮説を試しながら、どの広告がどれだけの人に見られ、どれだけの人がクリックし、実際に商品を購入したかを数値で確認できます。
これにより、どの広告が効果的で、どの広告が改善が必要かをすぐに判断できます。

結論

SNS広告は、多くの人々に低コストで情報を届けることができ、可処分時間を活用することで効果的に宣伝することができます。
また、仮説の検証を通じて最適な広告を見つけ出し、効果測定が簡単にできるため、常に広告の改善を続けることが可能です。
何よりも大切なのは、広告を出してみることです。実際に試してみて、そこから学び、改善を重ねることで、より効果的な広告戦略を築くことができます。SNS広告は、現代のビジネスにとって強力なツールです。

補助金の初期費用を協賛してくれる団体があるってホント?

一般的な補助金申請は、高い初期費用と自己負担が必要であり、これが資金繰りに影響しますが、Biztaxは協賛金も一緒に申し込みを行うことで、持ち出しゼロ円で導入できます。
詳細は協賛金窓口ラインをご確認ください。(協賛金提供:一般社団法人めぐり)

個人向けサービスにお勧め

導入事業例:BtoC
「リフォーム」「整体院」「ホテル」「旅行代理店」 等

WEB広告を出稿し集客を代行します。
ページ制作に必要な写真の撮影も含みます。

支援概要

・広告用WEBページ制作
・パンフレット制作
・宣材写真撮影
・WEB広告運用

特典内容

50万円分のWEB広告費 

参加人数

先着20

補助金

小規模事業者持続化補助金

企業向けサービスにお勧め

導入事業例:BtoB
「不動産」「税理士」「コンサル」「OA機器」 等

WEB広告営業代行を運用し、アポイントを獲得します。

支援概要

・広告用WEBページ制作
・アポイント代行
・WEB広告運用

特典内容

50万円分のWEB広告費 

参加人数

先着20

補助金

小規模事業者持続化補助金

WEBページがある方にお勧め

導入事業例:BtoB/BtoC
「リフォーム」「不動産」「美容室」「飲食店」 等

WEB広告を運用し、公式ラインへ誘導。
ライン登録者に対する配信の自動化
を行います。

支援概要

・広告用記事ページ制作
・LINE配信自動化
・WEB広告運用

特典内容

30万円分のWEB広告費 

参加人数

先着20

補助金

IT導入補助金

目次