オバマ大統領の事例から学ぶ:ABテストのメリット3選

オバマ大統領の事例から学ぶ:ABテストのメリット3選

目次

ポイント①オバマ大統領のWEB戦略

2008年のアメリカ大統領選挙で、オバマ大統領はWEB戦略を巧みに活用し、見事に成功を収めました。
彼は国民が求める大統領のイメージを正確に把握するために、A/Bテストという手法を導入しました。
A/Bテストとは、異なるバージョンのウェブページを比較し、どちらがより効果的かを確認する手法です。

オバマ氏のチームは、彼の公式ウェブサイトで「自分のみが映る凛々しい立ち姿」と「家族と一緒に映る暖かい姿」という二つのコンセプトを試しました。
この結果、家族と一緒に映る暖かい姿の方が支持を集めることが明らかになり、このコンセプトで選挙戦を展開しました。

ポイント②顧客の本音を引き出すWEB集客

オバマ氏のチームが行ったA/Bテストは、単にウェブサイトのデザインを比較するだけではなく、
国民がどのような大統領を求めているのかを把握するための重要な施策でした。

ウェブサイトを訪れるユーザーの反応を分析することで、彼らの本音を引き出すこの手法は、選挙戦略に限らず、一般のビジネスにおいても非常に有効です。

企業が自社のウェブサイトでA/Bテストを行うことで、顧客が何を求めているのか、どのようなメッセージが響くのかを明確にすることができます。

ポイント③データに基づく戦略の重要性

WEB広告が主流の現代は、大掛かりなWEB解析よりもサイクルが早く、予算的にも中小企業や個人向けの集客施策として活用されています。ABテストを繰り返すことで、広告費を最も効果の高い部分に投入できるようになり、獲得単価が下がります。

結論

SNS広告でABテストに取り組むと、データに基づいて広告を最適化できるので、無駄な費用をかけずに効果的な広告を作ることができます。
さらに、結果をすぐに確認して改善できるので、ターゲットに合わせた広告も根拠に基づいて、作成することが出来ます。
これらの強みを活かすことで、広告の効果を最大限に高め、集客の効率を高めます。

補助金の初期費用を協賛してくれる団体があるってホント?

一般的な補助金申請は、高い初期費用と自己負担が必要であり、これが資金繰りに影響しますが、Biztaxは協賛金も一緒に申し込みを行うことで、持ち出しゼロ円で導入できます。
詳細は協賛金窓口ラインをご確認ください。(協賛金提供:一般社団法人めぐり)

個人向けサービスにお勧め

導入事業例:BtoC
「リフォーム」「整体院」「ホテル」「旅行代理店」 等

WEB広告を出稿し集客を代行します。
ページ制作に必要な写真の撮影も含みます。

支援概要

・広告用WEBページ制作
・パンフレット制作
・宣材写真撮影
・WEB広告運用

特典内容

50万円分のWEB広告費 

参加人数

先着20

補助金

小規模事業者持続化補助金

企業向けサービスにお勧め

導入事業例:BtoB
「不動産」「税理士」「コンサル」「OA機器」 等

WEB広告営業代行を運用し、アポイントを獲得します。

支援概要

・広告用WEBページ制作
・アポイント代行
・WEB広告運用

特典内容

50万円分のWEB広告費 

参加人数

先着20

補助金

小規模事業者持続化補助金

WEBページがある方にお勧め

導入事業例:BtoB/BtoC
「リフォーム」「不動産」「美容室」「飲食店」 等

WEB広告を運用し、公式ラインへ誘導。
ライン登録者に対する配信の自動化
を行います。

支援概要

・広告用記事ページ制作
・LINE配信自動化
・WEB広告運用

特典内容

30万円分のWEB広告費 

参加人数

先着20

補助金

IT導入補助金

目次