なぜWEB広告を使うと集客の効率が上がるのか?

ウェブ広告を利用すると、お店やサービスに来てもらう効率が上がると言われます。
なぜそうなるのか、専門用語を使わないで説明していきます。

目次

ポイント①ターゲットを絞った広告表示

WEB広告の大きな利点は、広告を見せる相手を細かく選べることです。
例えば、あなたがケーキ屋さんを経営しているとしましょう。ウェブ広告を使えば、甘いものが好きな人や、お菓子作りが趣味の人に広告を見せることができます。
こうすることで、興味がない人に広告を見せる無駄がなくなり、より多くの人があなたのケーキに興味を持つ可能性が高まります。
これは、広告を見た人の中で実際に来店する人の割合が増えることを意味します。ターゲットを絞った広告表示により、効率よくお客さんを集めることができるのです。

ポイント②効果の確認と改善が簡単

WEB広告のもう一つの大きな利点は、広告の効果をすぐに確認できることです。
どれだけの人が広告を見て、そのうち何人がクリックしたか、そして実際に何人がお店に来たかなどをすぐに把握することができます。
この情報をもとに、もっと良い広告を作ったり、広告を見る相手を変更したりできます。例えば、若い人向けの広告があまり効果がない場合、その広告を見せる対象を変えてみることができます。

このように、広告の効果をリアルタイムで確認しながら、どんどん改善していくことができるのがウェブ広告の強みです。

ポイント③コスト効率が良い

WEB広告は、使ったお金がどれだけ多くの人に見られたか、クリックされたか、どの広告がうまくいっているかを簡単に把握し、必要に応じて調整できます。無駄な費用を抑えながら、効果的に広告を運用が可能です。
例えば、1000円の広告費を使って、10人の新しいお客さんを集めることができたとしたら、1人あたり100円のコストになります。

結論

WEB広告を利用することで、お客さんを効率よく集めることができます。
ターゲットを絞って広告を表示できること
・広告の効果をすぐに確認して改善できること
・そしてコストを有効に使えることがその理由です。
これらの特徴をうまく活用することで、現代のビジネスにおいて強力な集客ツールとなります。

補助金の初期費用を協賛してくれる団体があるってホント?

一般的な補助金申請は、高い初期費用と自己負担が必要であり、これが資金繰りに影響しますが、Biztaxは協賛金も一緒に申し込みを行うことで、持ち出しゼロ円で導入できます。
詳細は協賛金窓口ラインをご確認ください。(協賛金提供:一般社団法人めぐり)

個人向けサービスにお勧め

導入事業例:BtoC
「リフォーム」「整体院」「ホテル」「旅行代理店」 等

WEB広告を出稿し集客を代行します。
ページ制作に必要な写真の撮影も含みます。

支援概要

・広告用WEBページ制作
・パンフレット制作
・宣材写真撮影
・WEB広告運用

特典内容

50万円分のWEB広告費 

参加人数

先着20

補助金

小規模事業者持続化補助金

企業向けサービスにお勧め

導入事業例:BtoB
「不動産」「税理士」「コンサル」「OA機器」 等

WEB広告営業代行を運用し、アポイントを獲得します。

支援概要

・広告用WEBページ制作
・アポイント代行
・WEB広告運用

特典内容

50万円分のWEB広告費 

参加人数

先着20

補助金

小規模事業者持続化補助金

WEBページがある方にお勧め

導入事業例:BtoB/BtoC
「リフォーム」「不動産」「美容室」「飲食店」 等

WEB広告を運用し、公式ラインへ誘導。
ライン登録者に対する配信の自動化
を行います。

支援概要

・広告用記事ページ制作
・LINE配信自動化
・WEB広告運用

特典内容

30万円分のWEB広告費 

参加人数

先着20

補助金

IT導入補助金

目次